« 大阪出張の夜 | トップページ | 出張帰り »

2006年7月18日 (火)

番外編:派手と洗練の大阪

今日は久々の宿泊つき出張。しかも久々の大阪夜の街に浮かれるりきまる。

今宵は宗衛門町のうどんすきだ!っということで、なんば駅で待ち合わせし、ミナミの街の観光からスタート。

2006_07200115派手な看板の続く商店街。出張だといつも梅田と新大阪でオシマイなので、こういうのとても嬉しい。                

                                           

                                          

                                           

                                         

2006_07200116 おなじみの元禄寿司だって、ミナミではこんな風にお色直し。
                          

                       

                     

                                 

                       

                      

2006_07200117 何しろパチンコやさんもすごく派手派手。
ちょっと小さめのお店だって、入り口にはどどーんと自由の女神だもの。。




                                         

                                     

                                         
2006_07200118はいこれはなんでしょう。



答え 地下鉄の入り口








法善寺に向かう。
ここはとても好き。東京にはこういう雰囲気のお寺さんってないよね。小さいけど華やぎを感じるのだ。
2006_07200121 2006_07200120




2006_07200124 さて、グリコのマークの場所にやってきた。
グリコの左は雪印の看板。

アレ。。?
雪印ってなくなったよね。
誰がここの電気代を払っているんだろ。


そして、かに道楽の向かいの看板がこれ。
巨大なえびす様。
2006_07200122
あの。。顔、怖いんですけど。。。

ありえないど派手さにびびるりきまる。

昼に通った梅田の新しい地下街。
美しい植え込みが続く、東京にもない洗練された地下道。
2006_07200112
ど派手と洗練、二つの個性が大阪人の心にあるのか、それとも2種類の大阪人がいるのか。ちょっと聞いてみたいりきまるなのであった。

|

« 大阪出張の夜 | トップページ | 出張帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編:派手と洗練の大阪:

« 大阪出張の夜 | トップページ | 出張帰り »