« 休日出勤 | トップページ | つったいラーメンの朝食 »

2006年7月10日 (月)

猫は自分で自分の飼い主を決める:おぼの場合

2006_07150084[朝食]
・ドンクのハムチーズクロワッサン
・トマトとスナップえんどう
・さくらんぼ
・コーヒー
パンは昨日会社で打ち合わせの時に、上司がお昼食べきれず残ったのをもらった。大変美味しい。(もう1個は、この夜酔っ払ったりきまるの腹に消えた。。)



2006_07150086 [昼食]
・あなご太巻き280kcal
・海藻サラダ  10kcal
・ゆで卵    100kcal
・なめこ味噌汁 35kcal
--------------------
     計   425kcal

[夕食]
大門の楓林にて、21時まで続いたミーティングのあと上司とパートナーさんと。ちょびっとずつ食す。
・小籠包    ・酢豚    ・豆苗炒め  ・白菜のクリーム煮
・なすのからし炒め  ・チャーハン  ・ビール  ・紹興酒(ほぼ一人1本近く飲んだ!)

いくら飲んでも、何故か今日は全然酔わないのである。

そんな感じで自宅に帰り、久々におぼっちゃまくんの子供の頃の写真を眺めるりきまる。
と!ある事を思い出した。それは『猫は自分で自分の飼い主を決める』という話だ。

おぼっちゃまくんとは、当時りき母の猫のかかりつけであった刈谷動物病院で出会った。
ヤツは『里親になってください』と札の貼られたゲージに入り、待合室に置かれていた。

待合室の人たちは、「かわいいわねー。。」おぼにちょいちょいとちょっかいを出したりしていた。りきまるもお会計を待っている間、ゲージに入っているおぼを、指でじゃらして遊んであげた。かわいいじゃん!
お会計が済んだので、母と猫連れて帰ろうとおぼに背を向けた。するとゲージから「にゃー!!にゃー!!!にゃー!!!!」とりきまるを激しく呼ぶのである。

待合室の方々 「あら~。。お姉さんのことが気に入っち
          ゃったみたいねー。。」
りき母  「かわいいわねー。。。アンタ!飼いなさい!」
りき   「でもー、旅行行けないし、そも毎日飲んで家にいない
      よ、アタシ。」
りき母  「猫飼ったら、猫のために週一日は早く帰るようになる
      わよ。それにさ、あんたのそのキッツい性格も少しは良
      くなるから。」
      (ってかーちゃんそこまで言うなよ、実の娘に。。。)
りき   「でもこんなにかわいい猫だったら、いくらでも貰い手あ
      るよ。あたしんち来るよりいい飼い主がいるって。」
りき母  「そうかもしれないけど、このままこんなゲージに入れと
      くなんてかわいそうじゃなないの!!!」
      (意味不明です、おかあちゃん。。^^;)
と二人でゲージの前でもめている間中もずっと、おぼっちゃまくんはりきまるに向かって「にゃーっ!にゃーっ!!!」と訴えかけていた。

一旦は帰ったが、自宅に戻ってからもおぼが必死で呼びかける姿が忘れられず、もう一度病院に舞い戻り、引き取る手配をしたのだった。

りきまるは当時ある営業課店の責任者であった。が、その店は業績不振で閉鎖の危機に瀕していた。営業で成績が上がらないということは、そのマネージャーにとってはこの上もなく苦しいものである。

胃に穴があきそう。。初めてのこんな苦しい状態。
実はこの日は医者に行こうと有給をとっていた。が、タイミングよく時実家の猫が病気になってしまった。なので自分はガスター10で応急処置をして、猫と母と病院に向かったのだった。

おぼっちゃまくんは、そんな私を見て、「この人を飼い主に決めた!」と思ったのだなと今でも思う。そして当時私は、そんな暖かさを心から欲していたのだった。

おぼっちゃまくん、幼少時の頃の写真たち。
2006_07200314 2006_07200315 2006_07200316 2006_07200317 2006_07200320
この子に呼ばれたら、ついつい飼っちゃうでショ?
(今宵りきまる親ばか全開。)

今じゃオッサン化してるんだけど。
その上深夜帰ると怒るし、メシにうるさいし、出張すると拗ねるし、トイレきれいにしろって朝から延々、ざりざり抗議して砂かくし。
今、りきまるのおぼっちゃま観、それは。。




こうるさい舅!
2006_07080050

(りきまる、結婚したことないから想像だけどさっ。)

|

« 休日出勤 | トップページ | つったいラーメンの朝食 »

コメント

いやぁ、いいんですよ、親バカ賛成!
2人は一緒に生きていく運命だったんでしょうね。
お互いにお互いを必要としていたのですね。
PCの横で、手をしまってリラックスしているおぼっちゃま君は、
本当に幸せそうですね。
奥に写る年季の入ったソファも、最高です。

ところで、朝ご飯に度々登場するマグカップ、
めちゃくちゃカワイイですね。

投稿: hana | 2006年7月21日 (金) 10時43分

うーん、おぼちゃまくんの小さい時の写真が見れて、
うれしいなあ。かあわいーい♡

マイフォトの「下から見上げた時の顔」もいいです!
ネコって一応、くちびるってあるんですよね。

うすいけど。あるみたいだなあ。

肉食だから、吐く息もくさいのかなあ。(あはは!)

投稿: ましゅう | 2006年7月21日 (金) 22時42分

おぼっちゃまくん、可愛いですね~!!
そんな目に見つめられたら、
ほっとけないですね。
うちのにゃんこも小さい時外でうろちょろしてたのを
息子が連れて来たんですよ。
その頃、学校問題で悩んでた息子をかなり癒してくれましたよ。
猫は自分で自分の飼主を自分で決める…ってそうかもしれませんね。

投稿: がけっぷち | 2006年7月21日 (金) 23時01分

hanaさん、
ありがとうございます!そうそう、時には親ばか垂れ流ししてもいですよねっ。^^
ソファ。。。主たる犯人はこいつ、おぼです。最近じゃ全員が調子に乗って。怒っても全然やめないです。(涙)その瞬間だけは捨てたくなります。まじで。(10秒後にはまた拾いに行っちゃうけど。^^;)
マグカップ、私も気に入ってます。このスイスの国旗ってかっこいいいもんですよね。日の丸より全然。。

ましゅうさん、
そうそう、なんとクチビルあるんですよねー。おぼっちゃまくんはピンクですが、猫の種類によっては黒かったりします。(たしかアメショがそうだった気が)
おくちは肉ではなくおさかな臭いかなー。ははっ。

がけっぷちさん、
そうですかー。きっと「息子さんのお役に立とう!」と思ってやってきたのでしょうねえ。たかが猫、 と人様は思うんでしょうがあなどれないとりきまるは思います。
猫が人の心にもたらす暖かさは本当に素敵です。以前本で、「自分の心の中にはいつも穴がいくつも開いている。でも猫をだっこするとその穴が埋まる。」と言うのを読みました。りきまる、同感です。

投稿: りきまる | 2006年7月22日 (土) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫は自分で自分の飼い主を決める:おぼの場合:

« 休日出勤 | トップページ | つったいラーメンの朝食 »