« 悪霊退散! しておくんなまし。。 | トップページ | 大阪出張 »

2006年3月 9日 (木)

のがみの日

今日はのがみの日。おいしいお鮨を食べる日。
よって本日の仕事の一番の目標は、「いかに予定通りに会社を出て、のがみに行けるよう仕事をさばくか」にあるのだ。
P1040040 [朝食]
・ブリオッシュベースのパン
・チコリのサラダ
・コーヒー
チコリ、エンダイブ、ふきのとう、ほろ苦い野菜が大好き。これから春。ほろ苦野菜のシーズン到来である。ああ嬉しい。





[昼食]
ウエンディーズでタバコの煙にいぶされながら、大急ぎでハンバーガーかっ込む。あああ、午後イチの会議に遅刻しそう。。
・ウエンディーズチーズバーガー
・フライドポテト
P1040041 P1040042
「りきまるよー、サラダにするのじゃ~!」という心の声を無視。「りきまるよ~、ポテトは残すのじゃ~!!」と言う声も完全無視。満腹の胃を抱え、タクシー拾い、いざ次の会議。




[夕食]
Fさんと四谷三丁目ののがみにいく。
お店に入った瞬間、ほんのり暖かく、ほんわかと寿司酢の香りに包まれた。ああー、おいしそう。。思わず「いいにおいですねえ」と大将に報告。

まずはビールとお刺身でスタートだい!
P1040046 P1040047
しめたて、こりこりのいしがれいと初鰹。初鰹はりきまるみたく油っこくなく、若く爽やかな味わい。(ううっ、痩せたい。。;_;)

P1040044  いしがれいの表面には、硬い石みたいな突起がある。触らせてもらっちゃった。ほんとだ。『石付かれい』だね。



P1040052 焼き物は金目、あれ?きんき?いずれにせよおこちゃまの一夜干です。食べるのがかわいそうなほどかわいい。
程よき塩加減。うまうま。



生まれて始めてみる、とりがい、貝の状態!
私はここで、貝やお魚を見せてもらうのが大好き。
P1040053 P1040054
P1040056 にぎってもらうと、こんな感じ。
ぴかぴかのしこしこ。磯の香りが強い。今までとりがいっておいしいと思ったことなかったけど、これは極上の別物だね。

そしておすしぱくぱく。
P1040059 P1040060 P1040061 P1040065
この何倍も食べた。Fさんは、よく食べるのに痩せているノダ。
かーちゃんがこういう体質をりきまるに実装してくれていれば。。(涙) 

P1040066 本日のしめは、かっぱでなく、おかみさんもオススメの『しろ』にしてみました。酢めしのおにぎりってとこでしょうか。うーん、素敵すてき。

本日のお飲み物、ビール、熱燗、焼酎の緑茶割り。飲んで食ってああ~まんぞくでっす

ところでのがみさんの定休日は週イチ、月曜です。これは疲れるよねー。のがみさん、休暇を増やしてリフレッシュの時間も増やしてくださいませ。いつもりきまるがおいしいお鮨を食べにいけるように。体が資本です。心身ともに休みは大事ですよん。

|

« 悪霊退散! しておくんなまし。。 | トップページ | 大阪出張 »

コメント

わぁぁぁ、このとり貝おいしそうですね~~。
私も貝類だいすきなので、よだれが出そうです。

投稿: ciao | 2006年3月16日 (木) 13時00分

私もとりがいの貝殻初めて見ました!
ヘンな言い方だけど、鳥みたいな形の貝か、小さな貝から鳥の羽みたいに二枚の中身がニョキっと生えてるのを想像してたんで。。。意外に普通な貝殻なのにビックリ!!!

投稿: kao | 2006年3月17日 (金) 01時59分

これが本物のお寿司ですよね・・・・
りきまるさん、一人の時は質素に回転寿司で安いイカをつまんでいるのに、今日はすごいじゃあ、ないですか!!!
でも、これが本当のお寿司なんですよ。
なかなかお財布が許してくれないのが本物のお寿司なんですよ!!!

投稿: MOMO | 2006年3月17日 (金) 02時17分

ciaoさん、
私も貝には目がないです。ある意味トロより好きかも。このとりがいは、ほんとーにおいしかったですよー。
kaoさん、
そーなんですよ、私も魔女の帽子みたいな形のイメージでした。^^;
のがみさんのHPにも出てたんですが、貝の中側の色は、じんちょうげの花の色なんです。すてきですよね。
MOMOさん、
そーなんです。本物ののおすし。
でもたまにしか食べられないから、なおおいしく感じるりきまるです。
回転寿司はあれはあれでおいしいんですけどねえ。

投稿: りきまる | 2006年3月17日 (金) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のがみの日:

« 悪霊退散! しておくんなまし。。 | トップページ | 大阪出張 »