« 番外編 セブンデイズホテル | トップページ | 番外編 高知の田舎町を巡る旅 »

2005年9月23日 (金)

のんべの街、高知

私は3歳から10歳まで父の転勤で高知に住んでいました。
今は知り合いは誰もいないけど、私にとって高知は大切な場所の一つです。
P1010035 [朝食]
セブンデイズホテルで。
パン×2 ・コーヒー ・バナナ ・オレンジジュース

朝食後、土佐電鉄の路面電車に乗って、昔住んでいた町に向かう。車窓の外は思い出の町並み。
ちょっとうるうるきてしまう私。

P1010059 [昼食]
上町五丁目のごくごくふつーのうどん屋さんで。
きつねうどん
「おお、子供の頃出前で食べた味!」と感動する。                 

              

P1010067 [おやつ]
帯屋町にあるひろめ市場で。
・さらしくじら ・くじらしゃぶしゃぶ ・ビール
いいんですー!ビールだって、あきらかにつまみとしか思えない食べ物だって、3時に食べたらおやつなの!!
それにしても、このくじらしゃぶしゃぶ、歯ごたえ良いし、噛むとじゅわっと口に広がるあぶらといい、うんまい。

ところで皆さん、市場って名前に惑わされてはいけません。確かに八百屋や魚屋さんは
あるにはあるんですが、このスペースの半分以上を占めるのが、『昼からやっている居酒屋』です。
P1010068 しかも昼のひなかから、子連れ、おばさん、じーさんばーさん、あちこちでジョッキでぐびぐぴ。(日本酒もいるぞ!!)写真のににぎわいを見よ!
いやいや、まっこと高知は酒飲みに優しい国やき。さすがりきまるの第二のふるさとだけはあります。

[夕食]
うろうろうろうろうろと繁華街の飲み屋をチェックしまくり、居酒屋に入る。
・かつおたたき ・焼きなす ・鯨カツ
P1010089 かつおのたたきには、高知の定番ゆずの絞り汁を使っています。爽やかで実にうまい。
ゆずの絞り汁+醤油は、市販のゆずポン酢とはまーったく別物です。香り、味わいが違います。                                             

P1010091  焼きなすを一口食べた瞬間、「あ、土の味がする!」と思いました。泥臭いんではないんです。
何というか、土の滋味を感じるんです。実は高知の野菜っておいしいんですよ。

P1010090 私の子供の頃は、街の至るところに鯨肉を売るお店がありました。それは、もしかすると肉やや
魚やより多いんじゃないのかと思うくらい。

[二次会]
はあ~。『だいえっとにっき』なんだから、二次会はやめなよ~ と、これを書いている今は思います。
P1010092 ・屋台の餃子とビール
ゆうべの餃子のうまさが忘れられず、屋台の集積場所をうろうろ。ああああ~うまーい。                             

                                          
                         

P1010095 [夜食]
昨日の酒屋にまた行き、おかあさんお勧めの赤ワインハーフを、栓をあけてもらいホテルに帰る。
つまみはコンビニで買ったいか焼きとチーズなど。
また食うか、お前!

まだあと2日もあるよ、でぶまっしぐらの旅行。。。

|

« 番外編 セブンデイズホテル | トップページ | 番外編 高知の田舎町を巡る旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんべの街、高知:

« 番外編 セブンデイズホテル | トップページ | 番外編 高知の田舎町を巡る旅 »