2017年12月 3日 (日)

イベントはしごの日曜

昼はラオス大使館でパーティ。先日イベントをやったメンバーみんなで参加した。(写真なし)
そのあとは、知人がやっているイベントのため根津に向かう。
20171207_232042

根津は実家のある昔の神谷町のよう。あと何年くらいこういうところがみられるのかなあ。
20171203_144955

鬼丸食堂というイベント。昼からずっといろんな料理が勝手に出てくるので、好きなものを食べてのんで、満足した額を投げ銭形式で支払いをするというものである。
20171203_150941

20171203_152343

20171203_154028
次々出てくる美味しいもの食べながら、好きなお酒を飲んで、見ず知らずの人とわいわい話して2時間。

共同企画者は普通の勤め人だけれど、『○○スタン』みたいな普通人の行かない国を旅して写真を撮っているという女性で。
20171203_145615
会場に飾られた彼女の写真の数々を眺め、最高に面白い旅の話を堪能した。

会場は、元質屋さんという素敵な建物だった。
20171203_163258

前の職場では目標も大きかったから、それに見会うディールができる先とばかり付き合ってきたけれど。
そして、あらゆる業種の人たちと取引する業種に長く居たから自分ではこの世の仕事を結構な範囲で理解していたつもりだったけれど。

まだまだわたしの知らない楽しい世界がたくさんあるのだなあと。。
20171203_164525
コーヒー飲みながら、この歳で新しい世界への扉がたくさん見られることに感謝していた。

小腹が空いたので、
20171211_185159
たらの湯豆腐を食べて寝た。この一口が我慢できぬおのれである。

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

ロダンについて

寝坊して昼過ぎに東京を出、静岡に着くと直虎様のお出迎え。
20171207_224202
おんな城主直虎大はまり中ゆえ、大喜びで写真撮影。(自分も一緒に撮ったけど、それは割愛。)

今日の目的はそれではなくて。
20171202_144729
紅葉美しい静岡県立美術館へ
20171202_145630

庭園絵画の美術展を見に行ったのである。
20171207_224425
江戸時代は東京中に藩屋敷があり、そこがそれぞれ趣向をこらした大名庭園を有して。江戸は世界に冠たるガーデンシティであったという。
その片鱗をうつす絵画を見た。その大名庭園や屋敷を5%でも残せていたら、さぞ素晴らしい観光遺産になっていたはずであるが。『より新しいもの』とか『高度利用』という名の誘惑は、伝統の風景を叩き壊すに十分足りうる動機であったのである。まあ仕方ないよね。

ついでというにはあまりに失礼な話であるが。ここにはロダンの展示エリアがあると聞き行ってみると。
20171202_160502
ちょっとオルセーを思い出させる開放的で明るい空間に、沢山のロダンの作品が。

先日松方コレクションのドキュメンタリーで見た地獄の門もあり驚いた。
20171212_222033

実はわたしはロダンが嫌いであった。作品でなく人となりが。
弟子のカミーユ・クローデルと不倫のはて捨て、彼女が狂気の中早逝した話が長らく頭にあったからだ。
20171212_222115
まーでもこんなものを作り出す人間は、そういうことをしてそれを自分の製作の糧にしてしまうのだ、きっと。

カミーユはイカロスのごとく人生を送ったのであるな、きっと。

そして自分ちに飾るなら、
20171207_230909
これ、好き!とロビーフロアで思ったりしたのである。

| | コメント (0)

幻の駿府城

バスで駿府いや静岡市内に戻り、
20171202_171625
向かうは駿府城。
20171207_231027
実はこの写真を撮る瞬間まで、駿府城が現存していないとは知らなかった。
今川で栄華を誇り、家康の大御所政治を行った駿府城も、その後さしたる保全もされず、なくなってしまっていたのである。

今宵は月がきれいだ。
20171207_231124

お侍好き時代劇好きな自分としては、かの昔をしのびぐっときてしまうのである。
20171202_171911

唯一復元された巽櫓、画像修正なしでこの美しさはどうだ。
20171202_172229
でもお堀端は歩く人もなく、わたしの横にほほえましい高校生カップルがいたのみ。

人はみな繁華街の中にいて、お城にはあんまり興味はなさそうだ。
20171202_173624
まー、わたしがぜんぜん皇居に行かないのと一緒か。あはは。

ということで、25年ぶりに青葉横丁におでんを食べにきた。
20171202_173937

しぞーかおでん、いただきまーす!
20171207_231844
まずは鉄板の黒はんぺんと大根。

こんにゃくにたまご、
20171202_175833

牛筋になると
20171202_174949
なるとも定番なんですと。

久々の青葉は、CMに出たお店ばかりがやたら混んでいて、よそはがらがら。
一角はマンションに侵食され、見物の観光客ばかりがうろうろしている。
昔友達と行ったときは本当に地元の人しか居なくて、
「女の子がよくこんなところ知ってたね~。」
と常連さんにおどろかれ、みんなで記念撮影をした、そんは場所だった。

定番の新幹線居酒屋で帰る。
20171202_184025
静岡駅で何気なく買ったこの緑茶ハイがめちゃくちゃ美味しく。見ると緑茶と焼酎だけ余計な添加物なし。ローカルな会社が地味に作ったよい製品だなあと関心した。

自宅用に箱買いしようかと思ったけど、カフェインに弱いわたしは寝られなくなっちゃうかな。

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

師走初日

あっという間に今日から12月ですね。

師走初日の今日は久々ののがみさんの日。恒例の四人忘年会だったが、ひとり急遽出張とのことで三人飯となった。
が、多忙なKさんが来ない。
仕方なく二人で地味に開始。
Img_20171207_223408_2

なんと二時間も遅れてきたKさんはえらく弱っていた。
よくよく話を聞くと、その話聞くだけで心を病みそうな場面を目の当たりにしたというので、さもありなんだ。
不寛容の時代というけれど、経営も不寛容なことこの上なく
。私が3~40代の頃に比べて、人に対して無用に厳しいことが増えた気がする。特に権限を持つ人々に不寛容な人が増えた。
大きな権限を持つ人ほど、胆力と人間というものへの深い理解と暖かさを持って統治してほしいものだ。

気を取り直して、たのんでいたせいこがにを頂く。
20171201_212019

一口分残して、酢飯と混ぜていただくのがまたいい。
20171201_215300_2

お酒もあれこれ。おかみさんのセレクトがまたいいんだよね。
Img_20171207_224020

お寿司もたーんといただいた。
Img_20171207_223614

Img_20171207_223829
今日もごちそうさまでした!

のがみさんの悩ましいところは。
20171201_231447
こんなに美味しいものをたくさん頂いたのに、近くにバーとかないのでついこんなお店で二次会をしてしまうことである。。

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

しあわせなふぐコース

昼、プロジェクトメンバーと丸ビルに行く。
20171130_134935
毎年新しいデザインのツリーを企画するのは大変そうだなあ。。

丸ビル訪問の目的は、小岩井フレミナール。
20171130_124341
ロカボ(低糖質)ランチがお目当てだ。美味しいし糖質オフなので安心。見渡すと女性は結構これを食べていた。

夜、新橋のよし田にて、ふぐ会食。

どどーんとてっさ。これ、二人前。
20171130_180510_2

唐揚げ
20171130_184925

てっちり
20171207_223025

おじやで〆。
20171130_202705

よし田のふぐはもちろんすごーく美味しかったけれど。
とてもとても久しぶりに伺ったのに、おかみさんがちゃあんと覚えていてくれて。伺ったのをすごく喜んでくれた。
そんなお店があるって、本当に幸せだなあーって思ったのである。

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

タロットの不思議

昼、JAビルで打ち合わせのあと、地下の焼き鳥屋さんでランチ。
20171129_123404

今月の新月の日、ヨガの先生とアンジェラ☆を呼んでの女性向けミニイベントを企画しているため、同僚とアンジェラ☆と打ち合わせ。

同僚は全般運、わたしは仕事について占ってもらった。お互い恋愛運について占ってもらう歳は遠く過ぎたね。はは。(乾いた笑い。)
20171129_192714
うーん。。毎回むむむとうなるご神託である。

アンジェラ☆はお客さんと一緒にタロットをシャッフルするけれど。アンジェラ☆の師匠はタロットを触らせないらしい。たしかに。色んな念とかこもりそうだよね。

少し仕事してから、遅くに自宅近くで飲み開始。
20171129_212920

20171129_214237_2

20171129_214451

20171129_215459

今週来週会食続きなので、独り飯は節制しなくてはなのだが。
20171129_221709
〆におにぎり。一応小さめでお願いしたけどね。

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

集中して頭をつかう日々

連休谷間と土日は、仕事が次のフェーズに変わってきたので、一旦色々なことを棚卸しして、次期フェーズに向けた整理作業を行っていた。
金曜。手抜き弁当。
20171124_104623
何が手抜きかというと、この弁当の前世はこれだから。
Img_20171206_094256
ごはんの量も多すぎるので、半分に分割して冷凍しておいた。
で、ローカロリーのおかずを追加。

土曜日。
近くの洋食屋でハヤシライスを食べる。
20171125_125457
スケッチブックに手書きであれこれ書くのが、私の企画スタイルで。手持ちしていたら「絵を描かれるので?」とシェフに聞かれた。まあ、ある意味『絵』でもあるな。

夜はきりたんぽ鍋のきりたんぽ抜き。
20171125_175646
ロカボだからね。

日曜、ねこのご飯の買い出し。都立大のペット用品の看板猫シンバにくんくん盛大に臭いを嗅がれる。
20171126_140122
気の弱いじじいねこと、でぶねこに世話焼きねこの臭いがするのであろう。

途中とんかつやで串カツを食べたが。これはちょっと失敗する。
20171126_125624

夜、リーキのスープというかピュレと、コールラビのサラダ、お揚げ焼きをいただく。
20171126_200458
久々に食べたコールラビがすごくうまかった。

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

お寺でごはん

今日のお昼は、広尾の祥雲寺で精進料理をいただく会に参加。

朝から夕方まで数回入れ換えで実施するとのことで。待ち合いに誰かが忘れたらしいメニューが置いてあった。
20171130_090557

お膳に少しずつ運ばれてくるお料理を待つ。
Img_20171123_152807_325

これに里芋のおみおつけがついた。
Img_20171123_153233_203

般若湯もついて、これは素敵。
20171123_125403

夜は軽く。
大好きな鰊漬けメインにて。お寺のつづきみたいなセッティングにしてみた。
20171123_200620

なんか足りなくて、ワインをあけてつまみを追加してしまった。
20171123_204100


| | コメント (0)

美しい寺

広尾の商店街は昔からの散歩定番コースなので度々来ていたから、この寺の門までは知っていて。

でも今回、初めてなかに入り、その美しき寺に感動することとなった。
20171123_135808
広尾 祥雲寺である。

精進料理の会場となっている本堂には、緋毛氈。
20171201_085118

この部屋に面した長い廊下、その窓の桟は繊細な細さで、景色を盛り上げている。
20171130_093154

掛け軸の前には室礼。
20171201_083846

裏庭に面した廊下も美しい。
20171123_132532

是非見ていってくださいと言われた裏庭に出てみた。
20171123_132644

おおー。。素晴らしく手入れされた美しい庭だ。
20171123_132924

散り紅葉も素敵。
Img_20171123_181441_798

折しも朝からの雨が上がり、
20171123_133014

やわらかな晩秋の午後の日差しにすける紅葉は、最高に美しい。
20171123_133441

お寺そのものは幕末建築とのこと。震災や戦争など幾多の災害を乗り越えて残ったことに感謝したくなるお寺だ。
20171123_133435

美しいこんな場所が都内にあることに感謝だ。
20171123_133626

京都ともまた違う、『東京のお寺』の美しさだ。
20171123_134352

ご住職が代替わりされ、これから色々なイベントをしていくとのこと。次回は坐禅にも参加したい。

それにしても。
『お寺』はもしかすると東京の隠された、そして未来に託された文化と憩いの場になるのかもしれないなと。
Img_20171123_182456_300
でも観光の垢にまみれさせず、丁寧に門戸をひらいてもらうほうがよいけれど。

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

ことしもそんな季節

オーテモリにクリスマスツリーが飾られ、今年もそんな季節。
20171122_115619

ランチはオーテモリに新しくできたサラダバー、5MARGOを試してみた。
20171122_120646
見た目ナンですが、野菜一つ一つがなかなか美味しい。なんでも社長は農大出身の農家さんで、NYにあるサラダバーを意識したお店らしい。

ちょっと高いけどね。1000円のサラダに長い行列ができるって、なんか丸の内という気がします。

夜は近くのいざかやで一杯。
20171122_204342


| | コメント (0)

«眼福な出張