2018年5月22日 (火)

第2の人生

昨日の晩飯のしょぼさを取り戻そうとするがごとく、
20180522_125138
ドカ盛りの白身魚フライサンド。炭水化物一杯で、油ギッシュでしょっぱくて。どこをどうとっても体型的にまずいことだらけだけどうまい。。

夜、昔プロジェクトをやっていたときのパートナーさんが早期退職で起業したということで、一杯お誘いした。
20180522_184327
茅場町鳥徳にて。

誰もが知ってる有名企業の金融系システムコンサルで、大きなプロジェクトでPMをやったり海外子会社の社長もやっていたことがあるIさん。
立ち上げた会社名もなんかすごい。野心的に起業したのかなと聞いてみた。
わたし 「金融に絡んでどんなことするんですか?」
Iさん  「いやー、特には。みんなに『会社つくっといたほうがいいよ。』って言われたから、何となく~。」

あれ。。? 独立して人脈活かしてばりばりやるぞー!じゃないんだー。

ではどんなことしたいんですかと聞いてみると、にこにこしながら
「僕ね、ピザ屋、やりたいんですよ~。安くて本格的なやつ。」という。 ひえー。。
聞けば、毎週いろんなピザ屋に研究にいくだけでなく。
東京は競合が激しいので、何ヵ所か地方の移住セミナーに参加して、すでに出展する都市も決めているそうである。

大手企業の競争戦略とか、グランドデザインとか。一緒に働いていた頃に彼がやっていた仕事たちから見事に脱皮して、肩に力がまったく入らず、新しい世界への夢を生き生き語るのを見て、こんな『第二の人生』っていいなあー。。と思った。

ねぎぬた
20180522_184640

鳥鍋
20180522_193233

ぎんなんとレバー
20180522_194158

と、ここまでたべたところで。昼に会社で聞いたここに行ってみたくなった。
20180522_204337
同僚がいちばん行ってみたいといっていたラーメンやである。

わたしは醤油にして
20180522_205508

これはIさんの。
20180522_205421
これがかなりいまいちなラーメンで。
麺や七彩とすごく迷ったのであるが。どうせ夜のラーメンで太るならそっちの方がよかったなあー。。というか、七彩のうまさを改めて実感した。

というか、飲んでラーメン、この悪癖、復活させてはまずいよね。くっすん。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

不発な一日

朝、早朝のTULLY'Sでホットドッグ食べて資料作り。
(写真なし。)

昼、駅のコンビニでおにぎりとカツサンドを買ってきて、資料作りながら食べた。(食べた気もしない。。)

夜、スケジュールでは会社行事が入っていたけれど、結局参加しなくてよくなり。ぽかっと時間があいてしまった。
飲む気がすかされちょっと手持ち無沙汰になり、自宅近くで飲むことにしたが。。

几帳面な人が盛り付けたおしんこをつまみにビール。
20180521_210407
なんだかものすごく自宅駅の店が混んでいて、全くどこも入れない。今日って何の日でしたっけ。。

味噌おでんといか刺しをたのんだけれど
20180521_210520
いか刺しがとても今一つで。
不発な一日であった。

まあ、そんな日もあるよね。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

アガる週末

昨日おぼっちゃまくん(ねこ じじい 17歳)の重症の歯肉炎についてお医者さんに相談すると、歯石を取るにしても抜糸するにしても全身麻酔が必要で。

腎臓肝臓が悪いじじいねこに全身麻酔は、先生としても迷うので、今度連れてきてと言われた。
土曜しか行けない主治医におぼを連れていけるのは最低でも1ヶ月先なので、居ても立ってもいられず日曜に診療しているお医者さんに、意見を聞きに行くことにした。

今日は素晴らしいお天気で。
20180520_101148
なにもかもキラキラと輝き、景色の輪郭もエッジがたってピンピンな感じ。

病院はものすごく混んでいて、ねこもわたしも3時間待ちでへとへと。
先生 「腎臓が悪いのに2年以上検査もしなかったんですか?」
わたし「病院に連れていこうとすると、おしっこして抗議するもので。。(今日も大事なワンピースがしっこまみれ。あ、先生の前で着ているこれです。。)」

先生 「療養食にしなかったんですか?」
わたし「極端な偏食で、ドライフードは餓死するかと思うほど食べないんです。。」

あきれ果てた先生だったが、なんと腎臓も肝臓も数値は全く悪くなっていなかった。
「むしろいま、健康ですよ!」
と言われ、天にも上る気持ちになった。

しかし歯肉炎の治療のための全身麻酔は、高齢ゆえあまり好ましくないようで。食べられているうちはこのまま様子見とした。

朝の連続テレビ小説の豊川悦司の役どころがとても気に入っていて。丁度今週、袋麺の味噌ラーメンを食べるのを見てつい。
20180520_132621

少しでも健康配慮で、ゆでたお湯は捨てて野菜をたくさんいれた。
20180520_133623

夜は軽めに。
20180520_213517

ここのところ、からだファクトリーの整体に通っている。次回の予約を取ろうとしたら担当の先生から、
「りきまるさん、今週お誕生日ですね!」と言われる。そうなんだよねー。いくつになっても、何もなくても誕生日ってなんかわくわくするよねと言うと、スタツブみんなに、「すごーい。前向きで素敵です!」と誉められた。

そしてなんとみんなにハピバースデーを歌ってもらった。嬉しいねえ。
おぼも元気だしなんか気分が上がる週末だった。

[おまけのじじいねこ]
病院が嫌いすぎて、待ち合い室でよそのねこの絶叫を聞いて、キャリーバッグの中でしっこしたびびり男、17歳7か月。
Img_20180520_235007_125
でも待合室にいた患者さんねこみーんな、20歳21歳ぞろぞろ4匹で、「まだまだ大丈夫よー!」って励まされたのでありま

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

東京国際フォーラム散歩

今日もオープンシテイ丸の内に参加。本日は東京国際フォーラム散歩だ。

一番上にあがって、
Img_20180519_115819_987

おー、なんか巨大建築って面白い。
Img_20180519_115819_989

そこからスロープで降りてくる。
Img_20180519_115819_998

いつも何かのイベントで地下かコンサート会場にはいって、すぐに帰るだけだから、ガラス棟の上にあがれることなんて知らなかった。

下に降りると、江戸城を築城した男、太田道灌像が皇居の方角を向いて立っていた。
20180519_105201
たしか太田道灌はその優秀さゆえ、妬まれ誤解され誅殺されたのである。才気走るまたは『自分やるじゃん』となるということは、実は周囲を不快にして余計な恨みを買うことになるのは、時代が変わっても同じなのだなあ。。自戒も込めて。いや、才気走るほど優秀ではないけれど。

地下のあいだみつお美術館前を通って地上に戻るが。
20180519_111330
あいだみつおのガチャポン。。!ガチャガチャやると『にんげんだもの』とか出てくるのかー。何の言葉が出るのかって、占いっぽい気もする。(←ちょっと引きたいやつ)

一階にある巨石の説明も聞く。
20180519_105928

巨石アートって、シンプルだけれどすごく素敵だと思う。
20180519_110158
しかし昨日のアートといい、保管と移動に大変な手間とお金がかかる。アーティストの育成にも金と時間が膨大にかかる。アートは本来は国家事業なのだな。
バブル期、ものすごい金額でゴッホの絵を売却したフランスは、そのお金をすごい数のアーティストの育成に使ったそうだ。アートが収蔵物となってしまう日本とは、立っている場所が違う。

今日のイベントを申し込んだ時から、昼はここと決めていた。
20180519_121442
八丁堀の麺や七彩。味玉と追加チャーシュー。いわゆる全部乗せである。ここの麺、手打ちでぴろぴろと不揃いで美味しい。スープは二種類。わたしは濃厚な煮干しラーメンより喜多方ラーメンをいつも選ぶ。

この店は一昨年いたベンチャー企業に近く、土曜出勤の時にラーメン好きの部下とよくやってきた。あの頃の悶々とした気持ちも、懐かしい思いでとなるくらい時間が経ったのだ。

夕方、1号をねこ医者に連れていった。今日はあっさりつかまりほっとした。帰宅したらけっこう疲れていて夕寝。

夜は軽めに。
20180519_202249
たこのガリシア風 きゅうりとしらすの酢の物 冬瓜の煮物
なんと去年の秋に丸のまま買った冬瓜がまだ全然食べられるので驚いた。

さすがにちょっと足りず、豆ご飯を解凍して食べた。
20180519_214023

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

給料日のうとら

午後参加したアートツアーに、ごっつい豪華なおやつがついていた。
20180518_151236
昼食べ過ぎていたので腹肉が心配。

あー!やっと今週も終わりました。
月曜5時半から出社していたのが遠い昔のように、今週は忙しく目まぐるしかった。
こんな日はちょっと美味しいものでお腹を暖めたい。(午後にも美味しいもの、食べてるけどね。。)
20180518_203409
ということで、田町のうとらのカウンターに座る私。

ふきとこんにゃくとわらびの煮物。
20180518_203510
美味しーい!!ビール飲んでたけど即日本酒も追加。(ビールはチェイサー)

地鶏焼き
20180518_212035

おでん、豆腐にちくわぶ
20180518_213719
炭水化物を控えようと思ったけど、もうどうでも良くなり(←はまるパターン)ちくわぶ追加。

こうなるともう止まらず、おでん茶漬けで〆た。
20180518_215740
念のためごはんは半分。ごちそうさまでした!

| | コメント (0)

アートツアーな午後

午後、オープンシティ丸の内というまちイベントの、アートツアーに参加した。

大好きな三沢厚彦さんの虎。すっかり丸の内の顔だ。
20180518_141750

白熊のこぐまもいる。
Img_20180519_120734_211
わはははー。へんなかおー!

この像の作者はフランス在住で、偶然ここを通りかかり自分の作品が展示されているのを見てびっくりしたそうだ。
20180518_134151
聞けば、作家というのはいったん作品が自分の手から離れたら、どこにあるのかはほとんどわからないのだそうだ。
情熱を傾けた作品たちと、そんな別れかたをするなんてちょっと切ないね。

この像をみるといつも、安土桃山時代の『楽市楽座』に集う人たちを想像してしまうわたし。
20180518_141422

なんと、草間彌生さんの作品もあった!
20180518_143233

ブリックスクエアのアートは緑に映えてうつくしい。
20180518_144429


20180518_144716


20180518_144815

今回一番素敵だなと思ったのがこの作品。
少し寂しげな表情を浮かべる人。
20180520_111301

でも左に回ると、表情が緩みかすかに微笑んでいる。
20180518_143939
『人はひとりでは生きていけない』をテーマにした作品なんだそうで。
左側の手に重ねされた手は、作家自身のもの。

気づかぬところでそっと自分を支えてくれている手がきっとたくさんあるように思う。
そしてそんな風に、わたしもだれかをそっと支えているだろうか?
そんなことを考えていた。

作品は箱根彫刻の森美術館が選択して展示しているそうである。
とても楽しいガイドツアー、秋にもあるそうです。まちと一体になったアートをめぐる散歩、とてもおすすめです。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

ちょっとダウン

午前中の訪問のあと、ヴァン・ドゥ・ヴィ 丸の内でカレー。
20180517_124059
最近、クリニックであまり食べない方がよいと言われているものばかり食べたくなる。アーユルヴェーダ的にいうと自己参照性が低くなっている、あまりよくない状態だ。

色々なことが積み重なり、ちょっと精神的に疲れてしまい。今日は帰ることにした。
20180517_181804
風邪も引いたかなと思ったらすぐ休むと悪くならない。こころもそうだといい。

何のために会社をやめたんだっけね。ベランダから空を眺めながら、そんなことを考えながら食べていた。

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

蕎麦屋で一杯

昼、大手町パークカフェのロコモコ丼。
20180516_114804
ごはん少な目でこの量。次は半分と言わなくちゃ。なんだか消化しなくて胃もたれする。

夜は大手センタービルの鞍掛庵にて。今回仕事でタッグを組むメンバーと。
20180516_190404
乾杯してふと、『同僚たちと近くの居酒屋で何でもない話をしながら飲んで帰る』ってことに飢えていた自分に気がついた。同僚たちと飲むと言えば、イベントでだったり(仕事だし)、会社の行事みたいな公式宴席ばかりだ。

なんと余裕のない生活を送っているんだ、わたしは。。

とあれ鞍掛庵のつまみはうまい。
20180516_192156

にごりざけいって
20180516_193236

追加のお刺身とか
20180516_200343

そしてカツ煮。
20180516_193827
蕎麦屋のつまみでカツ煮をたのむのは、亡くなってしまった大好きだった上司のお気に入りだった。

そのあと蕎麦やら餅やらたのんで、えらく食べたのでお会計はちょっと大人なお値段になった。

みんな忙しくてなかなか時間が持てないけれど。またこんな気軽な飲みをセットしたいなと思ったのである。

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

復活平五郎と女子の人生について

昼、打ち合わせしながら社食でランチ。
20180515_123444
和風カルボナーラ。

夕方Nobrinさんとお友だちが施設見学にいらしてくださり。
終了後虎ノ門の平五郎に行った。
20180515_191803
虎ノ門のビジネスマン定番のお店が次々と姿を消すなか、堂々の復活である。

わたしもNobrinさんも夜ははじめての訪問。あれこれ考えてメニューを選ぶ。
20180515_191719
牛スジ大根。味が染みておいしいです。

エスカルゴ。
20180515_192437

トマトサラダ
20180515_193942

ガーリックチキン
20180515_195331
このたれがすごく美味しくて、たれを捨てるのがもったいない。下にパスタをひそませて、ガーリックチキンパスタにしてもいいなあ。

ピクルスでクールダウンして、
20180515_201325

ナポリタン。
20180515_205248

インスタ風にも撮ってみた。
20180515_205252

男の仕事、女の仕事。

わたしの入社した35年前は、もうそれはそれははっきりと分断されていた時代だった。

だから、就職先の選択は、『機会均等な先』。女子大生就職氷河期だったけれど、なんとか希望の先に潜り込んだ。

その後地方都市に転勤したとき知ったのは、顧客企業の偉い人にとっての女性はたいてい『妻、娘、親族』『会社の事務員』『飲み屋のおねえさん』の三つに分類されているということだ。
私をみて「はー、これがいま都会で流行りの『総合職』ってやつかい。。」とびっくりされることが多かった。

働いていた先は、女性に対する機会均等をうたっていた会社だったけれど、実は気を抜くとやはり『女性用』の仕事が回って来てしまう。だからいつも男性と同じ仕事に就かせてほしいと訴え続け、要求の正当性を証明するために、常に結果を出すことを自分に課してきた。

って書いてても読み返しても、ふう。。と疲れてしまうようなわたしの半生だ。こんな肩肘張ったわたしとよくみんな、友達付き合いしてきてくれたものだ。

もうあんな生き方はできないししたくない。組織の階段から一旦離れた今は、違う形で自分の納得する仕事と生き方を探して生きているのだけれど。

真剣に男性とイーブンに働きたい女性にはいまだ、35年前とあまり変わっていないのかもなと、最近何人かの若い女性の嘆きを聞いて思った。
でもそうしている方々にはなんらの悪気も、区別や差別している意識すらない。だから解決が難しいと、話を聞いていて感じたのである。

競争社会をやり遂げず途中で降りてしまった私が言っても説得力ないかもだけど。
もがいている彼女らの努力は無駄にはならないから、頑張ってほしいと心から思う。

そしてどんなことがあっても、仕事人として生きるならやはり女性がいいな。女性としての仕事人生はなにかと不自由なことも多いのだけれど、とても多様で心が自由だと思うから。

| | コメント (4)

2018年5月14日 (月)

16時間会社にいた日

今日は施設の取材立ち会いで、始発にのって5時半出社。最近早朝出勤が好きだけれど、さすがに始発はしんどい。始業時間にはもうお昼な感覚だ。

こんな日だからとチームメンバーが夕方のアポを変更して空けてくれていたのに、結局何だかんだで21時までかかる。

夜22時近く、近くのラーメンやで鳥そばと水餃子を食べた。
20180514_220449
ちょっといまいちでテンション下がる。まあ、あまりに美味しい深夜まで開いてるラーメン屋が近くにあるってのも、それはそれで危なすぎるのでよしとしましょうかね。

| | コメント (0)

«笑いの効能