2019年6月15日 (土)

ご無沙汰しています

みなさま、ご無沙汰しております。

忙しさにまぎれ、Instagramに逃げまくっておりましたりきまるです。

最近追いかけているテーマといえば、アシガ-ルはじめとする歴史物、狂言、古美術とアート、金継ぎ、インクルージョン、そして『人が働くということ』。そしてInstagramのマンガにはまり、結構だらだらと時間を浪費したりしております。

農的生活はもはや追いかけるというより生活の一部でして、結果的にやることが多すぎて自分の首をしめており。(あ、仕事が入ってない。。)

そんな日々にまたお付き合いくださいませ。

-------

さて、久々の大雨となった土曜日。

早起きして朝から狂言の企画書作成したあと、石神井公園に向かうと、ワゴン車で迎えがきていた。かなり本格的な古美術の勉強会に初参加である。

なんと参加者7人のうち女性はわたし一人。あとは30-40代の男性ばかり。

本日のテーマは初期伊万里と渥美古陶。何十万円もする現物に実際に触れてみて、その質感や贋物との違いを学ぶというものだ。最近青染付け系の器の興味が減退していたが、やはり本物のしかも初期伊万里は格別の美しさがあり。我が家の安物江戸後期の伊万里などとは全く異なる風格。

触って裏を見て、当時の製法からゆがみの原因を学び、絵付けや呉須の色についても聞く。


渥美古陶は、『経筒外容器』という、細長くでかくて重いものだった。1980年代に歴史学科卒という、元祖歴女なわたしも聞いたことがない。何度も名称を聞き返した。

末法思想がはびこった平安時代頃、貴族に流行し、お経を土中に埋納するための容器だ。


持ってみて重さを確かめ、肌をさわる。古陶の製法は縄文時代から変わっていないそうだ。

使用のされ方、輸送の仕組みなどをつぶさに聞くと、表面的な形だけでなく『そうあれかし』となることを、知識と感性両面から頭に叩き込む感じ。


終わって駅前て軽く回転寿司なんかつまみながら、

2019061709451200

何の役に立つのかよくわからん世界にまた、首を突っ込んじまったなあと思った。


夜、子供の頃から好きだった手羽先揚げと 

2019061709453600

ズッキーニのナムルで

2019061709454400

ちょっと一杯。

2019061709455500

味噌ともずくでおかわり。

2019061709460700

このとっつきにくい本物の古美術の世界を、いつか仕事にしたい。さて、どうか関わろうかと思案する夜である。

-------

りきまる、更新さぼってるなあー。。と思ったら、インスタにてアカウントmsuka05をのぞいてやってくださいませ。


| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

新緑の上野の森

日は友達のカウンセリング&コンサルを受ける日で、朝から中野。終了後、友達お勧めのカフェがあると聞き行ってみる。

教えられた場所に行くと、ほそーい路地の奥に

20190502_131020

喫茶店。

20190502_134350

でも普通のおうちでもある。なぜなら入り口は庭だ。

老夫婦お二人で営まれているお店だ。

野菜サンドイッチセットをたのんだ。

20190502_131657

20190502_132001

うん、とても美味しい。パンがいいなあ。

丁寧に淹れられた香り高いコーヒー。

20190502_132450

応接を改造した風のお店は、仲良しの親戚のおうちに遊びに来たみたいな心地よさだ。

友達にメールすると、昔都心で店舗を持って他のだけれど、行くさき行く先で地揚げに会い、ならばいっそ自宅をとここに腰を据えたらしい。

そして美味しいと思ったパンはなんとペリカン。毎日田原町まで買いに行っているそうである。

中野コンサルを受けはじめてから休日中野にくる機会が増えたが、なかなかたのしいまちであるなあ。


午後は日彫展を見に東京都美術館に行った。

出てくると少し日が傾きはじめて、

20190502_160035

なんかすごくきれいな上野の森だ。

20190502_160320

上野ってゴミゴミしている印象であんまり好きでなかったんだけど、ちょっと見直しちゃった。


国立博物館に向かうと、旧因州池田屋敷表門がめちゃかっこいい。思わず写真におさめると

20190502_160443

門の右上にかかる雲が不思議な色に輝いている。

肉眼ではただの雲なのに、モニターで見るとこの色なのだ。不思議。なにかの吉兆だと思うようにしよう。


気分もよいので、お寿司でも食べて帰りますか!

神田の江戸っ子寿司に行ってみた。

2019053020360900

あまりに素敵な夕暮れなので、一駅手前で降りて、緑道を歩きながら帰ることにして。

20190502_183004

唐揚げなんか食べながらぶらぶら歩く。

20190502_183701

夕焼けがしみじみきれいだ。

20190502_183411_1

なんかすごく贅沢をしている気持ちで帰路についた。

| | コメント (2)

2019年5月 1日 (水)

令和の幕開け

今日のランチはバスマティライスを炊いて

20190501_115115

但馬の田中畜産さんで企画したたなカレーを作る。

20190501_115142

スパイシーで美味しい!

20190501_115026

もちろん牛は田中さんの放牧敬産牛。大満足のランチ。

 

夜は小学校、中学校の同級生四人と三軒茶屋の赤鬼で宴会。

20190501_215306

一応紅一点だが、みんなが紅と思ってくれてきるかはビミョー。

 

まー、とにかくここは日本酒の名店であるからして。みなで慎重にお酒を選定。

20190501_184510

つまみはいかにものんべが好きそうなものばかり。

ほたるいか

20190501_181654

刺し盛り

20190501_185007

美味しい酒はピッチが上がる。

20190501_191519

第二陣

20190501_191735

三陣と飲み進む。

20190501_201948

穴子の八幡巻き 見た目いまいちだけど、穴子はとろっと、牛蒡は歯応えが残り大変美味。

20190501_192935

どうやって仕上げたのか謎だ。

 

焼き筍に

20190501_192114

タコぶつ揚げ

20190501_202849

竹輪の磯辺揚げが、カリカリでもう最高。

20190501_204446

でも飲み屋のメニューとしては、ちょっと珍しいかもね。

みんな連休を台無しにしたくないから、水をたくさん飲みながらだ。(お陰でよわなんだ。)

 

〆のおみおつけ、厚揚げと山椒がたくさん入っていて

Img_20190502_100322_815

素晴らしく美味しかった。汁物仕込んでラーメンの煩悩も消えたしね。

自分では酔っていないつもりだったけど。この日通っている歯医者の女医さんとここで会ったことを、2週後に治療でお会いするまで忘れていたのだから。やっぱり相当酔ってたんだよね。

 

とあれ、令和がおっさん日本酒飲みで始まったって、楽しかったけどびみょーな気持ちで振り返るわたしでした。

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成さいごに大当たり

高松で買った原木しいたけをベランダて干していたのを取り込んだ。(ちょっと干しすぎかも)

20190430_072757

それを戻して

おみおつけの出汁としたら、それはそれは香り高く上品な味になった。

20190430_083910

今度から食べきれぬしいたけは、無理せず干して使うとしよう。

 

昼、飯田橋の東京讃岐倶楽部にて、讃岐うどんをかっこむ。

20190430_134655

ひやひや。ちょっと私には堅すぎる麺だ。

今日は狂言ファンクラブのイベントに参加。小舞を中心とした珍しい会だ。

20190430_135516

正直小舞は苦手で、寝落ちしてしまうことも多いのだが。

各狂言師の方々の楽しいトークや解説付きで、平成最終日にふさわしいような、とても楽しい会となった。

 

帰宅してご飯。

キャベツとあさりのオイル蒸し アスパラの煮浸し 鯵の南蛮漬け 釘煮

20190430_190947

小舞の会の最後、各狂言師の皆さんからのプレゼント抽選会があった。席の番号札を舞台で引いていくのである。

萬斎さんのは当たらず。まー、長年くじ運ゼロ女だもんな。。と思っていたら、最後の最後、万作さんの米寿記念の升が当たり、死ぬほどビックリした。

20190430_191045

ばんざーい!!!

大喜びで晩酌に使わせていただこうとすると。

 

なんとなんと、サインが炭でかかれていて洗ったらいっきに滲んだ。うわーん。。(涙)

20190430_191052_1

インスタにあげたら骨董やの友達に「ふつー、使うか?それ。」と言われたが。使うさ~!!

やけになって最近お気に入りのトリュフおかきでビールを飲んだ。

20190430_202535

デザートは、イスラエルのお菓子。美味しい。

20190430_203428

何はともあれ、平成最終日の大当たりにすっかりご機嫌な夜であった。

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

小料理『おかみさん』訪問

以前田町にあったうとらさん、時々ふらりと一杯やるのをとても楽しみにしていたのであるが。閉店して久しく、大将ご夫妻にはインスタで時々ごはんの様子を拝見するのみになっていた。

 

そんなときゴールデンウィークに遊びにきませんかとお誘いいただき、二つ返事でうかがうことにした。

お土産を渋谷で買い込み、お宅に向かう。

まずはザーサイ、じゃがいもの酢の物、釘煮でかんぱーい。

20190429_121304

じゃがいも、美味しい!さっそくつくりかたをお聞きする。

棒々鶏。

20190429_121209

わかめ、うど、わけぎのぬた。酢味噌の味が最高に上品です。

20190429_131904

 

ほうれん草のごま和え。胡麻がすごくきめこまかくひかれていて、上品なごま和えでびっくり。

20190429_131906

お聞きすると、このごますり器を出してきてくれた。

20190429_134734

なんと溝を切っていない!

 20190429_134758

そうび木のアトリエでググったらありましたありました。

20190429_134749

ちょっと高いので、ボーナス払いで残ったおこづかいの中で検討するとしよう。

 

づけです。づけ加減最高にこのみ。辛子なんですねと聞くと、大将がわさびより好きなんだそうで。

20190429_132924

うん、たしかに辛子で食べるの美味しい!

ハンガリーグーラッシュ、パンもスープも美味しい。

20190429_144951

軟骨と大根の煮物。なんこつがほろほろです。

20190429_151745

シュークルート

20190429_161322

きんぴら

20190429_163657

〆はおしるこ

20190429_171648

ごちそうさまです!

大将の新しい職場の話を聞いた。すっかり朝型で、どうやら生活時間が6時間くらい前倒しになってるみたいだ。たぶんそっちの方が、ほんとは人間の生理にはあっているかも。

やっぱり心のどこかでまたお二人のお店に行ってみたいけれど。夜の時間が飲み歩きではなく、マイプロジェクトの時間になりつつある最近、を考えるとあまり通えぬものなとも思う。

それでもこんな風に声をかけていただき、楽しい酒がのめる関係って楽しくありがたいものである。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

風薫る季節

GWふつかめ、輝くようなお天気だ。今日のランチは外食気分。

ということで、経堂駅前の武蔵野うどん幸に行ってみた。

20190428_1256561

しっかり固めのおうどん。こういうのもありだな。

 

自転車に乗ってご近所散歩を開始した。低層ですごくおしゃれで高級そうなアパートメントがあった。そこのエントランスの植栽がこの花。

20190428_1317131

この木を選んだセンス、すごく素敵。

いつも手前までしか来ない道を進むと、

20190428_1322161

とても素敵なお寺を見つけた。

20190428_1324381_1

もう20年も住んで何でも知っている気になってたけど、

20190514_1348111

まだこんな素敵な場所があるのを知らなかったんだなあ。

 

代沢まで足を伸ばす。大好きなKAISO!でパンを買う。

20190428_1440481 20190428_1440431

お隣のヴィンテージ雑貨店をのぞく。

20190514_1348501

窓際にあった銅製のキャセロールがほしくて心がぐらぐらしたが。

20190428_1441071

こういう時唱える呪文「それ買ったら、家が素晴らしく素敵になるか?素晴らしく生活が楽しくなるか?」で自問。

がまんがまん。

KAISOの反対隣の喫茶店でウインナコーヒーを飲んだら

20190428_1407391

お散歩再開だ。

昭和40年代後半、このあたりに住んでいた。ちょうどその頃川を暗渠にして桜を植えていた。桜はひょろひょろでみすぼらしく、コンクリートの暗渠はえらく無機質で子供心に「なんでこんな事するんだろう。」と残念に思っていたが。

20190428_1443471

それから50年が過ぎ、こんなに豊かな遊歩道になった。

20190428_1444581

近視眼的に物事をせいてしまうのは、わたしの致命的な欠点であるだが。

20190428_1445371

やがて時が解決することも多いのだ。

 

そしてこつこつやり続けることも大切。ここも誰かのたゆまぬ努力のたまものの場所だ。

人工の川で子供たちがざりがにを釣っていたよ。

20190428_1522591

作り物かもしれないけれど、ここは立派にこの子達の『ふるさとの川』なのだよね。

 

環七を越えて、気になっていた美術館に行ってみたら。

20190428_1529041

残念ながら休館日だったけど、想像以上に素晴らしい場所でびっくりした。

20190428_1528471

全てがキラキラしているような1日。

Img_20190428_163500_6531

そういえばあの緑道は、夏に手術したあの病院に繋がっている。今この時も、あの夏に繋がっているのである。

「人生を楽しんで。」 退院するときに主治医から言われた言葉をふと思い出した。そうだよなあ。先生にいただいたいのちを大切に生きていかなくてはだ。

自宅に帰ってKAISOのパンを冷凍。

20190428_1733041

夜はエビフライ。めちゃうまい。これもしあわせ。

20190428_1958161

ちょっと足りずに、作り置きしていた鯵の南蛮漬けを食べた。

20190428_2011291

ごちそうさま。小さな予定が詰まったお休みってなんか楽しいな。

 

| | コメント (2)

2019年4月27日 (土)

三びきの平和な連休

大型連休が始まり、ねこたちにも私のいる平和な時間がやってきた。どんなことよりわたしが家にいるのがいちばんの幸せと言うのだから、ほんに飼い主冥利につきることである。

 

今日は体調がよさそう。お籠り用ねこベッドからでて気持ちよさげに眠るおぼっちゃまくん。

20190428_121940

 

に嬉しそうに笑って伸びをする2号。

20190426_115142 20190426_170047 20190426_115156

そしてこの人は。。。

20190428_121919

この寝方で疲れぬのであろうか。

20190428_122001

とあれ皆、思いおもいに連休を楽しんでいるようだ。

| | コメント (0)

今年も始まりました

残り物で早めの昼食。

20190427_140333

 

さて今日は今年度金継ぎ教室の初回。昨年度の持ち越しの器と、

20190427_144844

今年度はこの古染め付けを継ぎます。

Img_20190514_083537

継ぎの作業は、小麦粉をパンを作るみたいにグルテンを出してもっちり練り上げ、そこに漆を混ぜた『麦漆』というのを作り。(漆のボンドである。)

それを割れた断面に薄く塗ってぐぐっと接着する。当然隙間が本来ないところにボンドが入るので、すこし浮く感じになるがそこをグーっと押し込む。

20190427_175152_1

これらの器は、誰かが雑に継いでいた前の漆がとりきれず、接着に苦労したけど。とりあえず第一ステップは完了!

最終回にわたしが割ってしまった、先生のアラビアのコーヒーカップの取っ手も直したよ。

ちなみに欠けて部品がないのは全く問題ない。次回麦漆に麻布や木粉を混ぜた『刻苧(こくそ )』でパーツを作るので。奈良の阿修羅像とかの材料と同じ。乾くとカチカチになるのである。

 

先生がトクサをトクサ煎餅の缶にい入れてるのがシャレがきいていいなあ。

Img_20190514_083240

駅に降り立つときれいな夜空。連休も始まったばかりだ!

20190427_185951

春菊のごま和えと。

20190427_204848

竹輪と青ねぎと紅しょうがを炒めてあましょっぱく味付けしたのは、20年前に会社の先輩につれていってもらった大阪の居酒屋で食べたもの。以来我が家の定番。

20190427_204857

ピカピカのすてきな中羽の鯵を買ってきたので、唐揚げにして山椒塩でいただく。

20190427_204904

いやー、うまい!2度揚げしたので頭も骨もパリパリ。

気分もいいし、もう一杯やっちゃいますか。

20190427_211312

クラゲなんかも出してきて、ご機嫌に連休はスタートしたのであります。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

ブログ再開

みなさま、ご無沙汰しています。すっかりブログサボリーマンのりきまるです。

人生に色々詰め込みすぎ全く時間が作れず。高松の写真の整理にも少し時間がかかりそうなので、一旦休止して。まずは相当に幸せだった夢の10連休直前から再開したいと思います。

 

大腸内視鏡、血管造影CTと検査したが、なかなか「手術しなくてOK。」の判断がでなかったわたし。

最終検査として、『大腸内視鏡エコー』をすることになった。で、前日はお約束の検査前指定食。今回は平日だったからなかなか面倒。

20190425_125201

20190513_085027

 

検査当日、朝ごはんは2リットルの下剤。

20190426_092107

じつは昨夜50ccくらいのヒマシ油を飲んだのだが。みょーな香りのついた油を飲むってのが意外にきつかった。

しかしこのヒマシ油、ふつうの下剤より不思議に体に優しい気がした。

 

して午前中。自宅でリモートワークとしたけど、まー、それはそれはしんどく。ようやっと病院に行き、検査本番。もうこの頃になると手術でもなんでもどーでもよいかなとなっていた。

 

内視鏡検査は軽い麻酔もかけるので、それほど辛くなく終了。

しばらく休んだあと医師から結果を聞いた。「切らなくて大丈夫でしょう。経過観察で、半年に一度来てください。」

 

あ~。。良かったー。。なんかしゅーっと自分から空気が抜けた感じにほっとした。

病院のカフェで、コーヒーとケーキで健康に乾杯。

20190426_155936

 

ここの景色を眺める度、脳血管の手術をした昨年の夏を思い出す。自分の人生とからだを大切に生きていこうと思ったあの夏だ。

お祝いで食べるなら何がいいかな。。としばし考え、ここにした!

世田谷上町の松の屋。自宅まで歩くとちょっとあるのだけど、ここの焼き肉、好きなんです。

20190426_172420

いただきまーす!さすがに体が辛くて、ビールよりご飯気分だ。

20190426_182638

たれをつけた肉をご飯にバウンズさせて食べ、肉でご飯を巻いて食べ。う~ん、幸せ!

それにしても去年から、こんなに病院にお世話になる人生が来るとは思わなかった。それでも消化器内科外科に随分詳しくなったのは収穫だったかもしれない。消化器は、最後まで美味しくごはんを頂くためにも大切な臓器のわりに、意外によく知らなかった。

このエリアの癌とその治療についても詳しくなったよ。

 

とあれ晴れ晴れした気持ちで連休を迎えられるのは本当に嬉しい。

神様、ありがとう。

去年の夏以来、すこし忘れかけていた大切なことをまた思い出すことができました。

| | コメント (2)

2019年4月13日 (土)

盆栽の里

今日から二泊三日で高松行き。

睡眠四時間で起き、支度しながらアシガールのBlu-rayを見たのが大失敗だった。ついつい見入ってしまい気がつくとぎりぎりに。

その上すごく考えて購入したお土産を玄関に置き忘れるという大失態。羽田で慌てて買って、レシートを引ったくるように手荷物検査場に行くと長蛇の列。。

「40分の高松行きのお客様いらっしゃいますかー?!」という空港職員の声に、

「はいはいはいー!」

と手を挙げ、優先で通過。なのにセキュリティで引っ掛かりコートなど通し直したり。通路を走ってようやく飛行機に乗り込んでもうくたくただ。『五分前行動』が身に付くのはきっと来世だなと、がっくり肩を落とした。

 

そんなこんなでようやく高松到着!早起きでお腹ぺこぺこ。まずは空港でかけうどんでも軽く。。とお店に行くと。

おおっ!おでん!

20190412_092021

大きくてふっくら炊けたお揚げ!

20190412_092319

めちゃくちゃ美味しそうな揚げ物類には焦点を合わせないようスルーして、

20190412_092324

で、選んだのは、これ。(うっ。。軽く素うどんのはずが。。。)

20190412_092420

いや~、うまいです!おでんもおあげもうまい!しかし空港のうどんがこの美味しさってことは、町のこだわりのうどん屋さんなんてどんなことになっちゃうんだ。。息するだけで太りそうだよ、高松。

 

ところで例によって例のごとく観光計画ノープランでやってきたので、スマホの電池気にしながら電車の中で慌ててチェック。

ふと高松が盆栽発祥の地であることを思いだし、ホテルに荷物を預け電車で鬼無に向かった。

しかし十分な下調べもせず行ったので、なかなか農家にもたどり着けず。結局てきとーに乗ったタクシーの運転手さんに連れていかれた中途半端な盆栽センターを見るのみとなってしまった。用意周到に計画をたてられるのもきっと来世なのだろう。

 

なんかイマイチな盆栽センターだったけど。

でもやっぱり盆栽ってかっこいい!

20190412_114904 20190412_114920

松の種類なんて今まであまり意識してこなかったけれど。

20190412_114940 20190412_115138

色々あることを学んだ。

20190412_115239

折角だから取って置きのマイ盆栽をひとつ手に入れてもいいなあ、お正月の格もあがりそうだ なんて思っていたけれと。

手入れの仕方もわからないし、盆栽の置ける部屋でもないし。この世界はもう少し勉強してからが良さそうだなと思い直した。

 

ここで一番欲しかったのは、茶花にも使うこの鉢だった。

20190412_115910

最近和花での生け花に激しく興味深々なのだ。この鉢、500円なんだもんね。でもベランダスペースも限られてるのだから、茶花も色々研究して一番好みの花を慎重にセレクトしよう。

 

盆栽センターの近くを少し散歩してみると、家の前にはちゃんとした松とか変わった松とか。

20190412_121727

こころなしかみな、集落全体、住宅の佇まいが『きちんと』している気がする。

 

丁度昼時になったので、てきとーに通りかかったお店に入ってみた。

20190412_122051

近所の人がフツーに食べてる食堂だ。

うーん、全然いまいち。というかふつう。でも出汁はさすが!これだってへんな立ち食いとか、サービスエリアとかのものに比べたら夢のように美味しいよ。

20190412_122536

うどんやのバリエーションもまたたのしい。

 

駅に向かう途中立派なお寺に立ち寄った。そうそう、ここは四国お遍路さんの回る場所だ。(事実お遍路さんが中で般若心経を唱えていた。)

20190412_123246

ここもまた、松が見事だ。

20190412_123303

松の扱いに慣れた土地柄なのだなと思った。(午後につづく)

| | コメント (0)

«検査続きに牛肉続き